WO9834896/JP2001511157 METHOD FOR PREPARING 3,3-DIMETHYLBUTYRALDEHYDE

WO9834896/JP2001511157
METHOD FOR PREPARING 3,3-DIMETHYLBUTYRALDEHYDE
3,3-ジメチルブチルアルデヒドの製造法
2001年8月7日公表
出願人:ザ・ニユートラスウイート・カンパニー
発明者:カトリツスキー,アラン・アール、プラカッシユ,インドラ

異性化(Isomerization):
ある分子の組成は変わらず、原子の配列が変化して別の分子に変換すること。

関連の背景技術1文目
Rearrangement of epoxides to carbonyl compounds has long been known.
エポキシドのカルボニル化合物への転位は以前から知られている。

引用文献
タイトル:Synthetically Useful Reactions of Epoxides
作者:Janice Gorzynski Smith
要約:The synthetically useful reactions of epoxides are reviewed in this article. An emphasis is placed on methods which have recently been reported in the literature. 1. Introduction 2. Reaction of Epoxides with Nucleophiles 2.1. General Considerations 2.2. Ring Opening of Epoxides with Heteroatomic Nucleophiles 2.3. Ring Opening of Epoxides with Carbon Nucleophiles 2.4. Intramolecular Ring Opening of Epoxides 3. Rearrangement of Epoxides to Carbonyl Compounds 4. Rearrangement of Epoxides to Allylic Alcohols 5. Deoxygenation of Epoxides to Olefins 6. Reduction of Epoxides to Alcohols 7. Epoxides with Adjacent Functional Groups 7.1. Monoepoxides of 1,3-Dienes 7.2. α,β-Epoxyketones 7.3. α,β-Epoxysilanes 8. Conclusions
Synthesis 1984; 1984(8): 629-656

エポキシドの合成反応に関するレビューのようで、項目に3. Rearrangement of Epoxides to Carbonyl Compoundsとある。例を確かめたかったが中身は見られなかった。

転位反応(rearrangement reaction):
原子や置換基が別のその分子の別の部位に移動する反応。
水素が移動する水素移動が頻出。そのほか、アルキル移動やBaeyer-Villiger酸化などもある。転位前の化合物よりも転位後の化合物のほうが安定であるため起こる反応。

関連の背景技術2文目
For example, epoxides have been converted to aldehydes in a regiospecific manner through the use of lithium perchlorate in diethyl ether (LPDE).
対訳:例えば、エポキシドは、ジエチルエーテル中過塩素酸リチウム(LPDE)を使用することにより位置特異的にアルデヒドに転化される。

位置選択性(regioselectivity):
反応が起こる位置にいくつかの異なる可能性があるときに、実際の反応が何らかの要因により特定の位置で起こる性質。反応中間体や遷移状態の安定性の違いが位置選択性に反映され、その違いは立体的な要因、電気的な要因、非共有結合性相互作用、溶媒の関与、共鳴や超共役、電子軌道の形や電子密度、試薬の当量などさまざまな要因に由来する。
位置選択性の高い反応を 位置選択的(regioselective)、特に高い場合は 位置特異的(regiospecific)という。

引用文献
タイトル:Chemo- and Regioselective Conversion of Epoxides to Carbonyl Compounds in 5 M Lithium Perchlorate−Diethyl Ether Medium
作者:R. Sudha, K. Malola Narasimhan, V. Geetha Saraswathy, and S. Sankararaman
J. Org. Chem., 1996, 61 (5), pp 1877–1879

JOCのページ
Brows the Journalで年、号、頁
主要な図がみられる。

関連の背景技術3文目
However, this reference discloses that acyclic terminal olefin epoxides, such as 1,2-epoxyhexane did not react in the LPDE medium.
対訳:しかし、この文献は、非環式末端オレフィンエポキシド、例えば1,2-エポキシヘキサンはLPDE媒体中では反応しなかったことを開示している。

”LDPE媒体”ではなくLDPEは触媒なのでは?

関連の背景技術5文目
However, there is no guidance provided as to the reactivity of 1,2epoxylalkanes, such as 3,3-dimethyl-1, 2-epoxybutane, that are sterically hindered at the carbon alpha to the epoxide ring.
対訳:しかし、エポキシド環にα位の炭素が立体配置的に妨げられている、例えば3,3-ジメチル-1,2-エポキシブタンなどの1,2-エポキシルアルカンの反応性に関しては全く記載がない。
         3,3-ジメチル-1,2-エポキシブタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です