2/5-2/11 第12週目

0376_ビデオセミナーQ&A:spectrometry_vs_spectroscopy.mp4
0377_ビデオセミナー376号の補足.mp4
0379_Varian-GC/MS特許を読む(39).mp4
0381_Varian-GC/MS特許を読む(40).mp4
0383_Varian-GC/MS特許を読む(41).mp4
0384_Varian-GC/MS特許を読む(42).mp4
0385_Varian-GC/MS特許を読む(43).mp4
0386_Varian-GC/MS特許を読む(44).mp4
0387_Varian-GC/MS特許を読む(45).mp4
0389_Varian-GC/MS特許を読む(46).mp4
0390_Varian-GC/MS特許を読む(47).mp4
0392_Varian-GC/MS特許を読む(48).mp4
0393_Varian-GC/MS特許を読む(49).mp4
0394_Varian-GC/MS特許を読む(50).mp4
0395_Varian-GC/MS特許を読む(51).mp4
0396_Varian-GC/MS特許を読む(52).mp4
0397_Varian-GC/MS特許を読む(53).mp4
2524_今後の方針について.mp4
2525_スケジュールの細分化.mp4

当該、該、上記の違い
http://www.ipc-watch.com/blog/20140115

WO9834896/JP2001511157 METHOD FOR PREPARING 3,3-DIMETHYLBUTYRALDEHYDE
が終わり、細かく見直し。
図などの殴り書きのまとめなおし兼復習をしているところ。
背景知識があまり理解できていなかったことが分かった。
(背景知識がないからだろうと思うが。詳しくは1/31のブログに追記する。)
引用文献などを調べてみたところ、お金を払わなくては中身が読めないことが判明。とりあえずタイトルと要約と図でわかるところまで進めている。

また、3,3-ジメチルブチルアルデヒドのもう一つの関連特許、
WO9902478/JP2001509497 METHOD FOR PREPARING 3,3-DIMETHYLBUTYRALDEHYDE
を練習し始めた。
要約、特許請求の範囲を訳し終えて約500ワード/3時間。関連特許の経験があっての、秀丸とエクセル使い、集中できた状態での結果。
速くしていく工夫も必要。少なくとも2倍くらいのスピードに持っていけるように。

 

祝日も土日もなくていいので勉強させてくれ。と思います。
日本は決められた祝日が多い。。。

5月までの計画

これまでの勉強ペースを考えてとりあえずのスケジュールを立ててみました。

最初にビデオで進めたNUTRASWEET社の特許が割と面白く、薬品などの化学関係から進めると進めやすいかもしれないと思いました。
せっかくですし知識も深まるだろうと思いNUTRASWEET社の関連特許の自力翻訳を進めています。長さも長すぎないので丁度よさそうです。

これで自分のペースややり方がつかめてきたら専門分野関連へ移っていこうと思います。

1/27-2/4 第11週目

0345_Varian-GC/MS特許を読む(20).mp4
0346_Varian-GC/MS特許を読む(21).mp4
0350_Varian-GC/MS特許を読む(22).mp4
0352_Varian-GC/MS特許を読む(23).mp4
0353_Varian-GC/MS特許を読む(24).mp4
0356_Varian-GC/MS特許を読む(25).mp4
0357_Varian-GC/MS特許を読む(26).mp4
0358_Varian-GC/MS特許を読む(27).mp4
0359_Varian-GC/MS特許を読む(28).mp4
0361_Varian-GC/MS特許を読む(29).mp4
0362_Varian-GC/MS特許を読む(30).mp4
0363_Varian-GC/MS特許を読む(31).mp4
0365_Varian-GC/MS特許を読む(32).mp4
0366_Varian-GC/MS特許を読む(33).mp4
0368_Varian-GC/MS特許を読む(34).mp4
0369_Varian-GC/MS特許を読む(35).mp4
0372_Varian-GC/MS特許を読む(36).mp4
0373_Varian-GC/MS特許を読む(37).mp4
0375_Varian-GC/MS特許を読む(38).mp4

WO9834896/JP2001511157の翻訳
最後まで通して訳し(ところどころ対訳を参考にしたものの)、翻訳メモリの作成と登録をした。
ビデオで勉強していたからか思ったよりも楽に訳せた気がする。
翻訳メモリが充実しているともっとスピードが出ることだろうと感じた。

モル重量%(percent by molar weight)
聞きなれない単位だったが特許データベースで調べてみると161件出てきたので普通に使用されているようだった。
A:B=1(mol重量):1.05(mol重量)のとき105モル重量パーセント

The Examples which follow are intended as an illustration of certain preferred embodiments of the invention, and no limitation of the invention is implied.
以下に続く実施例は、本発明の好ましい実施形態を例示するものであり、本発明の限定を意味しない。
Other variations and modifications of this invention will be obvious to those skilled in this art.
本発明の他の修正及び変更は当業者に明白である。
This invention is not to be limited except as set forth in the following claims.
本発明は以下の請求の範囲に示した以外には制限されない。

などが自力では翻訳できなかった。特許特有の表現のようなので翻訳メモリに登録。その他似たような表現も調べてメモリに入れる。

jis 分析化学用語、パトロ特許用語集から用語集を作る。
自分の専門分野の対訳の勉強も進める。

ずるずると(家族の)体調の悪い日が続いています。息子、主人の次は娘。それでも何か一つでも先に進められるように頑張りたいと思う。普段家事を手伝ってくれている主人が病気になるとすべての育児家事が自分の担当になり結構大変です。家族の存在って有り難いのだなと改めて感じます。勉強させてくれることに感謝しなくては。

WO9834896/JP2001511157 METHOD FOR PREPARING 3,3-DIMETHYLBUTYRALDEHYDE

WO9834896/JP2001511157
METHOD FOR PREPARING 3,3-DIMETHYLBUTYRALDEHYDE
3,3-ジメチルブチルアルデヒドの製造法
2001年8月7日公表
出願人:ザ・ニユートラスウイート・カンパニー
発明者:カトリツスキー,アラン・アール、プラカッシユ,インドラ

異性化(Isomerization):
ある分子の組成は変わらず、原子の配列が変化して別の分子に変換すること。

関連の背景技術1文目
Rearrangement of epoxides to carbonyl compounds has long been known.
エポキシドのカルボニル化合物への転位は以前から知られている。

引用文献
タイトル:Synthetically Useful Reactions of Epoxides
作者:Janice Gorzynski Smith
要約:The synthetically useful reactions of epoxides are reviewed in this article. An emphasis is placed on methods which have recently been reported in the literature. 1. Introduction 2. Reaction of Epoxides with Nucleophiles 2.1. General Considerations 2.2. Ring Opening of Epoxides with Heteroatomic Nucleophiles 2.3. Ring Opening of Epoxides with Carbon Nucleophiles 2.4. Intramolecular Ring Opening of Epoxides 3. Rearrangement of Epoxides to Carbonyl Compounds 4. Rearrangement of Epoxides to Allylic Alcohols 5. Deoxygenation of Epoxides to Olefins 6. Reduction of Epoxides to Alcohols 7. Epoxides with Adjacent Functional Groups 7.1. Monoepoxides of 1,3-Dienes 7.2. α,β-Epoxyketones 7.3. α,β-Epoxysilanes 8. Conclusions
Synthesis 1984; 1984(8): 629-656

エポキシドの合成反応に関するレビューのようで、項目に3. Rearrangement of Epoxides to Carbonyl Compoundsとある。例を確かめたかったが中身は見られなかった。

転位反応(rearrangement reaction):
原子や置換基が別のその分子の別の部位に移動する反応。
水素が移動する水素移動が頻出。そのほか、アルキル移動やBaeyer-Villiger酸化などもある。転位前の化合物よりも転位後の化合物のほうが安定であるため起こる反応。

関連の背景技術2文目
For example, epoxides have been converted to aldehydes in a regiospecific manner through the use of lithium perchlorate in diethyl ether (LPDE).
対訳:例えば、エポキシドは、ジエチルエーテル中過塩素酸リチウム(LPDE)を使用することにより位置特異的にアルデヒドに転化される。

位置選択性(regioselectivity):
反応が起こる位置にいくつかの異なる可能性があるときに、実際の反応が何らかの要因により特定の位置で起こる性質。反応中間体や遷移状態の安定性の違いが位置選択性に反映され、その違いは立体的な要因、電気的な要因、非共有結合性相互作用、溶媒の関与、共鳴や超共役、電子軌道の形や電子密度、試薬の当量などさまざまな要因に由来する。
位置選択性の高い反応を 位置選択的(regioselective)、特に高い場合は 位置特異的(regiospecific)という。

引用文献
タイトル:Chemo- and Regioselective Conversion of Epoxides to Carbonyl Compounds in 5 M Lithium Perchlorate−Diethyl Ether Medium
作者:R. Sudha, K. Malola Narasimhan, V. Geetha Saraswathy, and S. Sankararaman
J. Org. Chem., 1996, 61 (5), pp 1877–1879

JOCのページ
Brows the Journalで年、号、頁
主要な図がみられる。

関連の背景技術3文目
However, this reference discloses that acyclic terminal olefin epoxides, such as 1,2-epoxyhexane did not react in the LPDE medium.
対訳:しかし、この文献は、非環式末端オレフィンエポキシド、例えば1,2-エポキシヘキサンはLPDE媒体中では反応しなかったことを開示している。

”LDPE媒体”ではなくLDPEは触媒なのでは?

関連の背景技術5文目
However, there is no guidance provided as to the reactivity of 1,2epoxylalkanes, such as 3,3-dimethyl-1, 2-epoxybutane, that are sterically hindered at the carbon alpha to the epoxide ring.
対訳:しかし、エポキシド環にα位の炭素が立体配置的に妨げられている、例えば3,3-ジメチル-1,2-エポキシブタンなどの1,2-エポキシルアルカンの反応性に関しては全く記載がない。
         3,3-ジメチル-1,2-エポキシブタン

1/20-1/26 第10週目

0326_Varian-GC/MS特許を読む(8).mp4
0327_Varian-GC/MS特許を読む(9).mp4
0328_Varian-GC/MS特許を読む(10).mp4
0330_Varian-GC/MS特許を読む(11).mp4
0331_Varian-GC/MS特許を読む(12).mp4
0332_Varian-GC/MS特許を読む(13).mp4
0334_Varian-GC/MS特許を読む(14).mp4
0336_Varian-GC/MS特許を読む(15).mp4
0337_Varian-GC/MS特許を読む(16).mp4
0338_Varian-GC/MS特許を読む(17).mp4
0343_Varian-GC/MS特許を読む(18).mp4
0344_Varian-GC/MS特許を読む(19).mp4

引き続き看病の1週間となりそうです。

1/13-1/19 第9週目

0312_Varian-Gas_Chromatography_Mass-Spectrometry_特許を読む(1).mp4
0315_Varian-GC/MS特許を読む(2).mp4
0316_Varian-GC/MS特許を読む(3).mp4
0317_Varian-GC/MS特許を読む(4).mp4
0318_Varian-GC/MS特許を読む(5).mp4
0319_Varian-GC/MS特許を読む(6).mp4
0320_Varian-GC/MS特許を読む(7).mp4
0326_Varian-GC/MS特許を読む(8).mp4
0506_SDL_Trados_Studio_2014_インストール.mp4
2203_ミラーニューロンを意識した勉強法.mp4
2205_特許翻訳者として年収を上げるための工夫.mp4
2206_吸血コウモリに近づくな.mp4
2207_モチベーションについて考える.mp4
2208_ブログにおけるポジショニングとブランディング.mp4
2209_特許翻訳者は特許翻訳で終わってはいけない.mp4
2210_化粧品特許の活用術.mp4
2211_徹底したノート作成は未来の自分のため.mp4
2212_夢子への宣戦布告.mp4
Tradosの使い方ビデオ from YouTube

Varianの特許のノートづくり、読み始めました。
質量分析計は液クロ関係を使ったことがあるので原理は理解できるものの、用語がいまいちなのでしっかりマスターしたい。

用語集、メモリも作りながら進めたいと思い、Tradosも少しずつさわり始めました。
プリンタと辞書の設定完了。

WO9834896(JP2001511157) METHOD FOR PREPARING 3,3-DIMETHYLBUTYRALDEHYDEを読みつつ、ノートづくり。

息子がクループ様の咳をしていたので病院に連れていくと、インフルエンザと診断されました。
少なくとも5日間は保育園に登園できません。
妹にうつるのも時間の問題(小さいほうが先に抗体を持っていることはまずない)のでしばらくは家に缶詰となりそうです。
勉強のペースが落ちてしまいそうですが、来週以降で追いつきたいと思います。

1/6-1/12 第8週目

0540_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(33).mp4
0541_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(34).mp4
0542_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(35).mp4
0543_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(36).mp4
0544_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(37).mp4
0545_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(38).mp4
0546_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(39).mp4
0547_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(40).mp4
0549_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(41).mp4
0551_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(42).mp4
0552_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(43).mp4
0553_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(44).mp4
0555_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(45).mp4
0556_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(46).mp4
0557_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(47)・最終回.mp4
2193_ミミタコな成長曲線.mp4
2194_コンテンツビジネスのネタをどう決めるか.mp4
2195_攻めのトライアル.mp4
2197_スクールのお勉強ではプロになれないワケ.mp4
2198_特許翻訳者の次の一手.mp4
2199_普段のノート作成が訳語確定のキモ.mp4
2200_ドリームキラーを生まないために.mp4
2201_訳語確定と露天堀学習法.mp4
2202_当業者の世界観に没入せよ.mp4

実験医学別冊「認知症」を読み始めた⇒トピックスまとめしたい

NUTRASWEET社の特許シリーズが終わりました。
かなり時間がかかってしまったので、次はもっとスピードアップすること。

前回同様、日本語が稚拙、冗長なので日本語表現を学ぶこと。

きちんと読み取れていないところがあった。
例えば0555の
The flask was flushed with nitrogen and heated to 140℃ for 2.5 hours.
(自)フラスコを窒素でフラッシュし、140℃で2.5時間加熱した。
(ビデオ)フラスコを窒素でフラッシュし、140℃まで加熱し2.5時間保持した。
で、詳しくはThe flask was flushed with nitrogen and heated to 140℃ and kept for 2.5 hours.の意味。何も考えずに訳してしまった。toに気がつけばその先に進めるはずなので見落としに気を付ける。

電磁撹拌器
オイルバス
屋内真空(house vacuum)
の訳に困ってしまった。調べ方、訳語確定の仕方を復習する。

特許データベースで3,3-ジメチルブチルアルデヒドを検索してみると
関連特許が数件見つかったので英日ペアで練習をしたい。翻訳にかかる時間を計るのも忘れずに。

メモ:アミロイドβ(脳科学辞典)
https://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%CE%B2%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA

12/30-1/5 第7週目

0501_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(17).mp4
0502_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(18).mp4
0503_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(19).mp4
0504_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(20).mp4
0505_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(21).mp4
0510_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(22).mp4
0520_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(23).mp4
0521_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(24).mp4
0529_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(25).mp4
0531_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(26).mp4
0532_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(27).mp4
0533_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(28).mp4
0534_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(29).mp4
0535_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(30).mp4
0536_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(31).mp4
0537_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(32).mp4
2185_脳を進化させる方法(1).mp4
2186_脳を進化させる方法(2).mp4
2187_悩んでいる暇があったら結果を出せ.mp4
2188_脳細胞を増やす.mp4
2189_用語集作成とマクロ.mp4
2190_「池の水ぜんぶ抜く」勉強法.mp4
2196_英語力以前の問題でプロになれないパターン.mp4

年末からの主人と息子の胃腸風邪の看病のためビデオでの勉強のみ。娘と自分にうつらないことを願うのみ。
次週は日本語明細書と英日ペアでの勉強を進める。

物質名の表現の仕方について⇒アルカンの命名法で検索
数字と数字はカンマ,で数字と文字はハイフン‐で区切られ、文字と文字の間は直結されてスペースも入れない。

及び、且つの違いについて⇒及び 且つ 使い方で検索
http://agreements.masuda-law.com/02/and.html

日本語が稚拙だったり、冗長だったりするので日本語の勉強が課題⇒訳出する前によく考えることに注意、日本語の明細書や教科書、本を読む
例えば、
An effective amount of a base is needed to facilitate the reaction.
(自)反応を促進させるため、有効量の塩基が必要である。
(ビデオ)反応促進のためには、有効量の塩基が必要である。

with greater purity
(自)より純度の高い
(ビデオ)より高純度の

など。

英語⇒理解⇒図解⇒日本語を徹底する。
英語での理解があやふやなものは、英文を区切ることもしづらい気がした。しっかり調査して理解すること。

12/23-12/29 第6週目 

0475_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(7).mp4
0476_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(8).mp4
0478_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(9).mp4
0480_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(10).mp4
0481_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(11).mp4
0482_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(12).mp4
0483_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(13).mp4
0493_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(14).mp4
0494_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(15).mp4
0497_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(16).mp4
0498_短期間で稼げる特許翻訳者になるための秘訣.mp4
0501_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(17).mp4
2176_得意分野の決め方.mp4
2177_翻訳メモリとAIと生き残り策.mp4
2181_トライアルレビュー(化学編).mp4
2182_単語学習は立体的に.mp4
2183_いきなり辞書に頼るな.mp4

日本語特許
⇒アルツハイマー病の診断方法に関する特許で日本語のもの
アルツハイマー+理化学研究所で検索した

以下の3点を読んだ
βセクレターゼがAPP以外に血中のα2,6シアル酸転移酵素を切断する発見に基づき、切断された遊離のα2,6シアル酸転移酵素をイムノアッセイにより測定することで低侵襲なアルツハイマー病診断ができるというアイデア

特開2006‐317210
血清糖蛋白質をバイオマーカーとするアルツハイマー病の診断方法
α2,6シアル酸含有糖蛋白質を検出するためのレクチンを含む、アルツハイマー病の診断薬

特開2005-145837
アルツハイマー病の診断法
ヒト由来の試料(例えば血液など)に含まれるβ−セクレターゼにより切断される分泌型シアル酸転移酵素を検出又は測定することを含む、アルツハイマー病の診断方法

特開2002-141438
シアル酸転移酵素の切断部位認識抗体及びそれを用いたスクリーニング方法
BACE1がAPP以外の基質に作用するかどうかを検討

⇒少し古め、アルツハイマー関連では関連特許が最近は出ていないようなので最近の動向を見るためには新しい特許を読んだ方が良いと思った

新しいものを探すには⇒実験医学「認知症」の目次でKWを探してみた、(本を買う)
⇒Abオリゴマーに着目
⇒Abオリゴマーで検索すると比較的新しいものが45件⇒次週ピックアップして読んでみる

辞書類購入済み
PC、机、椅子のセットアップ済み⇒スピードアップしたい
ソフトウェアのセッティングをしていく

日英ペアでの勉強を進めていく
基本的なバイオ実験操作のまとめ頁もできたら作りたい

未知の論文の読み方で参考になりそうなページを見つけたのでメモ。特許でも応用できそう
http://d.hatena.ne.jp/echizen_tm/20110904/1315143767

12/16-12/22 第5週目

2167_CV作成時のレート設定とその考え方.mp4
2166_受講生ブログへのコメント.mp4
2137_対訳シリーズの活用法.mp4
2090_辞書の買い方・揃え方.mp4
2088_Tradosについて(Q&A).mp4
2024_特許翻訳者のための用語集.mp4
2008_機械翻訳と翻訳メモリ.mp4
1727_オリジナル用語集・用例集の作成テクニック.mp4
1645_Tradosとエクセル用語集.mp4
1495_コーパス言語学入門.mp4
1407_エクセル用語集の作成方法.mp4
0972_翻訳メモリの活用法.mp4
0474_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(6).mp4
0473_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(5).mp4
0472_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(4).mp4
0471_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(3).mp4
0470_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(2).mp4
0469_NUTRASWEET社特許を読む-化合物の合成と精製(1).mp4
0432_機械翻訳ソフトと翻訳メモリ.mp4
0291_翻訳メモリをコーパスとして活用し専門知識をマスターする方法.mp4
0268_処理速度アップのためのメモリ構築法【会員限定】.mp4
0261_Tradosメモリ及び作業用ファイルの維持管理.mp4
0259_エクセル用語集をTradosに組み込む.mp4

日本語明細書読む⇒ノートへまとめ
英日ペアで勉強を始める

翻訳メモリ、用語集を作るのに必要なもの⇒PC、Trados、秀丸、Estrage、辞書

PC⇒今使用のものは使いづらいので購入。スペアは近いうちに購入。とりあえずは外付けHDDでバックアップを取っておく。

Trados⇒PCが届き次第購入か?(クリスマスキャンペーンだった。)試用版をダウンロードしてみた。
MultiTermは試用版では使えなかったことと、いじり始めるとかなり時間を食いそうなので、マスターは後回し。秀丸とエクセルを使う。

秀丸⇒ダウンロード済み。

Estrage⇒購入済み、PCが届き次第ライセンスキーを入れて使用、それまでは試用モードで。

辞書⇒速やかに購入する。

翻訳メモリ、用語集の購入検討⇒ある程度軌道に乗ってから買おうと思っていたが、勉強の時点でも加速できるという受講生のブログを発見したので検討する。

Estrageで英日ペアでのダウンロードができなかった。それぞれ別々にはOK。⇒OptionsのFamilyJPにチェックを入れると解決

htm形式ファイルを秀丸で編集する⇒htmファイルを秀丸で開き、txt形式で保存。タグエディタを消す。
タグエディタを消す⇒秀丸「検索」‐「置換」で、検索に「<[^>]+>」置換に何も入れず、「正規表現に」チェックを入れ「全置換」。

¥n=改行

472のビデオ⇒[a-z|,|.]で英薬品名,日薬品名、の英薬品名のみ消す

タブ削除「¥t」⇒「 」スペース

その他さまざまな置換等は秀丸マクロライブラリを参考にする。

 

次週は、英日ペアで勉強をしつつ、翻訳メモリと用語集の強化を進めていく。